<< NEXT Main BACK >>
HOME > 建築 > ローコスト住宅について考える
ローコスト住宅について考える

先日、雨風しのげれば良いからとにかく安い家を建てたい
そんな相談を受けました。

正直言って安ければ細かいことはこだわらないのであれば、
安さを売りにしているハウスメーカーで建ててもらうのが
良いのかも知れません。もちろんいろいろリスクがありますけど
そのたぐいの会社で建てる人は会社名で検索してみていろいろ悪口を
探してみることをお奨めします。

価格面については一般的な工務店はあの手の会社には勝てません。
その代わり、きめ細かい心遣いがあるとは思うんですけどね。
まあ、お施主様の価値観に左右されることなんです。


 
 
さて、我々一般的な工務店がコストを落とす努力をするとしたらどうするでしょう。

1.屋根
やはり日本の風土には瓦が一番良いのかも・・・耐久性もあるし。
まあ、洋風の建物が増えたので「洋瓦」?それともコスト重視の「平瓦」?
いやいやコスト重視なら「カラーベスト」でしょう。
でも究極の安い屋根は「折板」です。厚めの鉄板を角形に折って屋根に使います。
コンビニの屋根なんかはこれが多いですね。7〜8年に一度塗装をすれば
20年や30年は大丈夫です。ただしかっこわるいです。
雨が降ると少しうるさいかも。

2.間取り
細かく区切ると建具や壁面が増えてコストアップです。
大きなLDKを中心に、配置し、廊下は可能な限り少なく、
押入も少なめにしてその代わり納戸で代用してもらいます。
小さく仕切り、中段など棚の加工も必要な押入はコストアップの元です。


3.窓まわり
この際、手間と材料がいる窓枠は省略しましょう。
窓台のみとして上や横はサッシの際にプラスチックの見切りを入れて
クロスを巻き込みましょう。結露がひどいとクロスがめくれるかも。
と言うよりクロスが早い時期に汚れたり日に焼けて変色しそう。
いや、生活には支障ないから・・・・。

4.壁下地
普通は105ミリ×30ミリの間柱に40ミリ×16.5ミリの胴縁を取り付けて
石膏ボードを貼ります。直行する材料で壁をまっすぐにして精度を上げます。
でもこの際、胴縁は省略して間柱に直接ボードを貼りましょう。
大丈夫です。木の癖で若干壁がふくらんだりへこんだりするけど、
強度に影響はありませんし、生活にも支障はありません。
内部の天井や間仕切りは軽天屋ににお任せしましょう。
下地が薄い鉄の材料で狂いは少ないし、職人の単価が安いのでコストが抑えられます。
大工さんや監督がしっかり監視しないと壁が傾きますが、心配いりません。
建物の強度に影響はありません。建具の建て付けが悪いことがあるのが
難点です。

5.構造材
昔は桧の柱を使いましたが、最近は洋間ばかりですし、集成材で十分です。
細かい木を貼り合わせているので狂いも少ないし、精度も高くなります。
建築中、集成材であることが丸見えなのがチョット恥ずかしいかな?

うーん生活はできるけど、なんか寂しいですね。
まあ、それはそれで良いでしょう。
しかし、基礎工事はあまりケチると良くないし、
断熱を怠ると空調のランニングコストがかかります。
その辺りはあまり惜しむと後で泣くことになります。
外壁の仕上げなども、ある程度高くても耐久性のあるものの方が
将来的には安上がりですね。10年ごとに塗り替えるか、20年保たせるか
その差は大きいと思います。
建築 : 23:09 : comments (2)
コメント

パソコンと同じで、メーカー製を選ぶか自作またはショップブランドにするか
メーカー製でも一流メーカーか、低価格で有名なメーカーか
少し高くついても自作で思い通りカスタマイズするか、ショップにお任せするか
選択肢はいろいろです。
| 大工のとうちゃん | EMAIL | URL | 06/09/23 07:02 | P4qATtNY |

はじめましてw
読ませてもらってますw
ローコスト住宅はやはりそれなりですよねw
最近うちの近所にもローコスト住宅のモデルルームが次々と建ってます
| わたなべ | EMAIL | URL | 06/09/22 15:29 | HiNQ5asI |
コメントする








この記事のトラックバックURL :
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2018 - 06  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
人気記事ランキング
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX