<< NEXT Main BACK >>
HOME > 建築 > 耐震強度偽装問題
耐震強度偽装問題

いろいろ世間を騒がせているこの問題、関連する仕事をしている
私としても、何か書かねばと思っていましたけど、なかなか書けませんでした。

なぜかというと、この問題根が深いんですよね。だから軽々しくコメントできませんでした。



実際、あれだけ大胆に鉄筋を減らしたり、梁や柱を小さくしても誰もわからないもの
でしょうか?私はそうは思いません。

型枠工や鉄筋工である程度現場を経験している人だったら
おかしいと思うのは当然です。ただ、それが元で建物が崩壊しても、図面通りの仕事を
している限り彼らには責任は及びません。

むしろ、そのことを口に出して騒ぎ立てれば彼らの仕事は無くなってしまいます。
生活のため、言われた通りの仕事をするしか選択肢はなかった。そう思います。

法を犯してまでコストを削る。なぜそんなことになるんでしょうね。

「責任の分散」

これが根底にあるのでは、と私は思います。
責任のなすり合いで何とか逃げられるそう思っているからあんなコトできるんでしょうね。

私の所のよう一般住宅を受けている物はすべて自分に降りかかってきます。
あんな事恐ろしくてできません。


建築 : 15:05 : comments (0)
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL :
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2019 - 07  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
人気記事ランキング
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
SEARCH BOX